子ども・子育て支援新制度について

すべての子どもたちが笑顔で成長し、すべての家庭が安心して子育てができ、育てる喜びを感じられるために。
平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」が始まりしました。「子ども・子育て支援新制度」により新潟市の私立幼稚園は4つのカテゴリーのいずれかになります。

  • 1 従来通りの幼稚園
  • 2 新制度の幼稚園
  • 3 幼稚園型認定こども園
  • 4 幼保連携型認定こども園

1 従来通りの幼稚園

今までの幼稚園と全く変わりません。
今後は、お仕事と子育てを両立できる環境を整えるために預かり保育の充実を図る幼稚園が増えてくるものと考えられます。

  • 1従来どおりの幼稚園なので最も子どもよりの教育施設です。
  • 2従来どおり「就園奨励費」や「父母負担軽減補助金」などの幼児教育のための助成があります。

従来型の幼稚園の保育時間(時間はおおよその目安です)

市・県・国から私立幼稚園児への補助金
保育料軽減補助(平成27年度額)

新潟市より「父母負担軽減補助金」として5歳児・4歳児・3歳児一律9,000円の補助金があります。

就園奨励費補助(平成27年度額)

5歳児・4歳児・3歳児に所得により308,000円・272,000円・139,200円・62,200円の四段階の補助があります。

※従来どおりの幼稚園のみの制度です。

詳しくは、下記ホームページまたは掲載幼稚園までお問い合わせください。

私立幼稚園就園奨励制度

新潟市私立幼稚園一覧

お気軽にご相談ください

2 新制度の幼稚園

新制度の幼稚園では、施設などの利用を希望する保護者の方に、利用のための認定(1号認定)を受けていただきます。
1号認定とは、別名を教育標準時間認定といい、お子さんが満3歳児以上で、教育を希望される場合に受ける認定です。
今後は、お仕事と子育てを両立できる環境を整えるために預かり保育の充実を図る幼稚園が増えてくるものと考えられます。

  • 1新制度の幼稚園では、保育料は保護者の所得に応じた支払いが基本となります。
  • 2入園の申し込みや保育料の支払いは従来どおり幼稚園にしていただきます。

新制度の幼稚園の保育時間(時間はおおよその目安です)

保護者の皆さんへ ~大切なお知らせ~

新制度の幼稚園は保育料が各家庭で(納税額によって)で異なります。これは保育料負担の軽減方法の違いによるものです。単純に新制度の保育料が安い、ということではないので注意が必要です。

◆従来の幼稚園
どの家庭でも同じ額の保育料を収めてもらった上で、後から納税額によって支給額が異なる「就園奨励費」で保育料負担を軽減する
◆新制度の幼稚園
納税額によって異なる保育料補助(就園奨励費のうようなもの)を、始めから保育料に組み込むことによって負担を軽減する

3 幼稚園型認定こども園

教育と保育を一体的に行うのが「認定こども園」です。幼稚園型認定こども園は、保育所の機能を有した幼稚園で、地域の子育て支援も行っています。また、幼稚園の部分のみを利用することもできます。

  • 1仕事をしながらお子さんに幼児教育を受けさせたいという保護者にとって有効な教育施設です。
  • 2利用を希望する保護者の方は1号認定または2号認定を受けていただく必要があります。
    (3号認定は施設によります)
  • 3入園の申し込みや保育料の支払いは従来どおり施設(幼稚園型認定こども園)にしていただきます
  • 4保育料は保護者の所得に応じた支払いが基本となります。(家庭によって保育料が異なります)

※1号認定…子どもが満3歳以上で教育を希望される場合
※2号認定…子どもが満3歳以上で保育の必要な事由に該当し認定こども園での保育を希望される場合

幼稚園型認定こども園の保育時間(時間はおおよその目安です)

4 幼保連携型認定こども園

幼稚園型認定こども園との大きな違いは受け入れ可能な年齢です。幼保連携型幼稚園は従来の保育所の機能をそのまま有しているため0歳の子どもから受け入れている施設もあります(施設によって異なります)。また、幼稚園型認定こども園同様に地域の子育て支援も行っており、幼稚園の部分のみを利用することもできます

  • 1仕事をしながらお子さんに幼児教育を受けさせたいという保護者にとって有効な教育施設です。
  • 2利用を希望する保護者の方は1号認定または2号認定または3号認定を受けていただく必要があります。
  • 3入園の申し込みや保育料の支払いは従来どおり施設(幼保連携型認定こども園)にしていただきます。
  • 4保育料は保護者の所得に応じた支払いが基本となります。(家庭によって保育料が異なります)

※1号認定…子どもが満3歳以上で教育を希望される場合
※2号認定…子どもが満3歳以上で保育の必要な事由に該当し認定こども園での保育を希望される場合
※3号認定…子どもが満3歳未満で保育の必要な事由に該当し認定こども園での保育を希望される場合

幼保連携型認定こども園の保育時間(時間はおおよその目安です)

保護者の皆さんへ ~大切なお知らせ~

認定こども園では幼稚園の機能と保育園の機能の両方を備えていますので、仕事をしていない方でも従来の幼稚園のような利用の仕方(9時頃から午後2時頃までの幼稚園部分のみを利用)することができます。仕事をしていなければ利用できない、ということでは決してありませんので誤解のないようにお願いいたします。
認定こども園は「子どもの成長に応じて仕事を辞めたり始めたりしても施設を変える必要がない(幼稚園と保育園を行き来する必要がない)」のが大きな特徴です。

新潟市私立幼稚園・認定こども園協会

〒950-0911 新潟市中央区笹口1丁目12番地7 ダイアパレス笹口内 TEL/FAX 025-240-7205 menu

子ども・子育て支援新制度について

すべての子どもたちが笑顔で成長し、すべての家庭が安心して子育てができ、育てる喜びを感じられるために。
平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」が始まりしました。「子ども・子育て支援新制度」により新潟市の私立幼稚園は4つのカテゴリーのいずれかになります。

1.従来どおりの幼稚園

今までの幼稚園と全く変わりません。
今後は、お仕事と子育てを両立できる環境を整えるために預かり保育の充実を図る幼稚園が増えてくるものと考えられます。

  • 1従来どおりの幼稚園なので最も子どもよりの教育施設です。
  • 2従来どおり「就園奨励費」や「父母負担軽減補助金」などの幼児教育のための助成があります。

従来型の幼稚園の保育時間(時間はおおよその目安です)

市・県・国から私立幼稚園児への補助金

保育料軽減補助(平成29年度額)
新潟市より「父母負担軽減補助金」として5歳児・4歳児・3歳児一律9,000円の補助金があります。

就園奨励費補助(平成29年度額)
5歳児・4歳児・3歳児に所得により308,000円・272,000円・139,200円・62,200円の四段階の補助があります。

※従来どおりの幼稚園のみの制度です。

詳しくは、下記ホームページまたは
掲載幼稚園までお問い合わせください。

私立幼稚園就園奨励制度

新潟市私立幼稚園一覧

預かり保育

2.新制度の幼稚園

新制度の幼稚園では、施設などの利用を希望する保護者の方に、利用のための認定(1号認定)を受けていただきます。

1号認定とは、別名を教育標準時間認定といい、お子さんが満3歳児以上で、教育を希望される場合に受ける認定です。

今後は、お仕事と子育てを両立できる環境を整えるために預かり保育の充実を図る幼稚園が増えてくるものと考えられます。

  • 1新制度の幼稚園では、保育料は保護者の所得に応じた支払いが基本となります。
  • 2入園の申し込みや保育料の支払いは従来どおり幼稚園にしていただきます。

新制度の幼稚園の保育時間(時間はおおよその目安です)

保護者の皆さんへ ~大切なお知らせ~

新制度の幼稚園は保育料が各家庭で(納税額によって)で異なります。これは保育料負担の軽減方法の違いによるものです。単純に新制度の保育料が安い、ということではないので注意が必要です。

◆従来の幼稚園
どの家庭でも同じ額の保育料を収めてもらった上で、後から納税額によって支給額が異なる「就園奨励費」で保育料負担を軽減する

◆新制度の幼稚園
納税額によって異なる保育料補助(就園奨励費のうようなもの)を、始めから保育料に組み込むことによって負担を軽減する

3.幼稚園型認定こども園

教育と保育を一体的に行うのが「認定こども園」です。幼稚園型認定こども園は、保育所の機能を有した幼稚園で、地域の子育て支援も行っています。また、幼稚園の部分のみを利用することもできます。

  • 1仕事をしながらお子さんに幼児教育を受けさせたいという保護者にとって有効な教育施設です。
  • 2利用を希望する保護者の方は1号認定または2号認定を受けていただく必要があります。(3号認定は施設によります)
  • 3入園の申し込みや保育料の支払いは従来どおり施設(幼稚園型認定こども園)にしていただきます。
  • 4保育料は保護者の所得に応じた支払いが基本となります。(家庭によって保育料が異なります)

※1号認定…子どもが満3歳以上で教育を希望される場合
※2号認定…子どもが満3歳以上で保育の必要な事由に該当し認定こども園での保育を希望される場合

幼稚園型認定こども園の保育時間(時間はおおよその目安です)

4.幼保連携型認定こども園

幼稚園型認定こども園との大きな違いは受け入れ可能な年齢です。幼保連携型幼稚園は従来の保育所の機能をそのまま有しているため0歳の子どもから受け入れている施設もあります(施設によって異なります)。また、幼稚園型認定こども園同様に地域の子育て支援も行っており、幼稚園の部分のみを利用することもできます。

  • 1仕事をしながらお子さんに幼児教育を受けさせたいという保護者にとって有効な教育施設です。
  • 2利用を希望する保護者の方は1号認定または2号認定または3号認定を受けていただく必要があります。
  • 3入園の申し込みや保育料の支払いは従来どおり施設(幼保連携型認定こども園)にしていただきます。
  • 4保育料は保護者の所得に応じた支払いが基本となります。(家庭によって保育料が異なります)

※1号認定…子どもが満3歳以上で教育を希望される場合
※2号認定…子どもが満3歳以上で保育の必要な事由に該当し認定こども園での保育を希望される場合
※3号認定…子どもが満3歳未満で保育の必要な事由に該当し認定こども園での保育を希望される場合

幼保連携型認定こども園の保育時間(時間はおおよその目安です)

保護者の皆さんへ ~大切なお知らせ~

認定こども園では幼稚園の機能と保育園の機能の両方を備えていますので、仕事をしていない方でも従来の幼稚園のような利用の仕方(9時頃から午後2時頃までの幼稚園部分のみを利用)することができます。仕事をしていなければ利用できない、ということでは決してありませんので誤解のないようにお願いいたします。
認定こども園は「子どもの成長に応じて仕事を辞めたり始めたりしても施設を変える必要がない(幼稚園と保育園を行き来する必要がない)」のが大きな特徴です。